ゲシュタルトのビボログ

日々アホなことを繰り返しているので備忘録つけることにした…

第68回「思えば孤独は美しい。」読んだ… 感想 すごく刺さる

あ、どうも。ヒャルです。

 

 

 

※この記事の無断転載等を禁止します

 

 

 

「思えば孤独は美しい。」

(糸井重里/ほぼ日/2017年)

読んだ…

 

 

 

 

f:id:hyaluckee:20181008110443p:plain

 

 

 

≪内容≫

口語調のエッセイ

 

 

 

≪感想≫

良いところ・共感できるところが多くて、

どこを挙げればいいのかがわからなくなるのだけれど、

まずは、そーだなー、

氏は「片隅」のことに言及されているが、

俺も見に行ったけど、糸井氏の言及とは真逆で、

どこが良いのかが全くわからなかった。

 

実は、このブログにも一度は上げようと思ったのだけれど、

ホントに何にも面白くなくて、

最後のシーンで「残った左手でまた絵を描き始めた」

とかの結びだったら希望もあるな、とも思ってたんだけど、

それすらもなくて、書いても批判にしかならないならと思って、

書かずに終わったんだが、

そこで本書で出てきたのが「主観」と「客観」の話ですよ。

 

周りの様子を見て、

正しそうなことを言う。

こうして「主観」が減っていく

と、氏は言う。

 

これに感化されて、

俺も「片隅」に対する本心を書いてみたわけですよ。

まだ、全然書き足りなくはあるが…

とはいっても、ただ単に俺が

「片隅」の良さを理解できない痴れ者である、

というだけの話である。

 

 

 

・いろんなものごとには、さみしさが隠れている

さみしさが全てのいきものの生きる動機であるような気さえする

 

ああ、そうだったのか。

よくわからない。率直に受け入れられなかったが、

そうかもしれない、と思った一節。

もっと年をとれば、受け入れられるようになるかもしれない。

 

 

 

・うまくいかないのは人が喜ばないことをしてるせい 

 

全くその通りだと思った。頭が下がる。

勝手に商売のことに置き換えてしまうが、

世の中は需要と供給のバランスでできている。

他人が喜ばないことをしても、うまくいかないのは当然である。

極めて基本的なことだが、

この点を見誤ってしまうことがとても多い。

 

 

・嫉妬心はあって当たり前

 

俺がテレビをあまり見なくなったのはこれ故である。

とかく、テレビって奴は「こんなすごい人がいる。この人を賛美しましょう」

だとか「こんな悪い奴がいる。この人を叩きましょう」

というような論調で構成されている。

 

ここで主題となっているのは前者だが、

「それを見たり知ったりして、

俺はどうすればいいわけ?羨めばいいのか?」といつも思ってしまう。

俺は「事象を受け入れるということは、諦めることである」と思っている。

簡単に認めてはならない。

抗わなくてはならない。

流れに逆らわなくてはならない。

それが生きることである。

そして、テレビをほとんど見なくなった。

もっとも、氏はこういうことを言いたいわけではないと思うが…

 

 

・それについて、なにか言えることはあんまりない 

いかにも言って欲しいようなことは言わないようにする

そして、誰も本当にはわかってない

 

これも思うところがあったなー。

仕事上のことでも「わからないから質問するのだ」と大抵の人間は思っている。

だが、ある程度分かっていないと質問することもできない。

そして「質問しない奴は分かっている」と思ってる奴がほとんどだが、

そんなことはない。

それをわかっていない。

 

また、ずれてきたので保留…

 

 

 

・生きているのがいいのか、死ぬのが悪いことなのかは、

良い悪いで分けられるものじゃない

 

これもなー。

俺にも祖母がいて90近くまで生きたが、

晩年は思うように生きられなかった、と思う。

財布を、叔父夫婦に預けたが、自分で金を思うように使えなくなっていた。

自分の望むような葬式も挙げてもらえなかったし…

 

大抵の人は長生きはだと幸せなことだと思っていると思うが、

その時には「人生とはなにか?」を考えさせられた。

 

 

 

・夏の終わりの情景

真夏のしっぽ

夏が終わるさみしさ

 

これも子供のころから経験していたから、よくわかるなー。 

もっとも、氏が言いたいことと違うかもしれないが…

夏の終わり、ってわかるんだよねー。

 

気温が下がるって、ホントに寂しく感じる。

「日本には四季があるから良い」ってよく言うが、

俺はそうは思わない。

できることなら気温の変動が少ない温帯に移住したい。

寂しくなりたくないから。

 

 

 

終わり

 

第67回。故在ってpsx分解した… ≪しょうもない話シリーズ≫

あ、どうも。ヒャルです。

 

 

 

※この記事の無断転載等を禁止します

 

 

 

故在ってpsx分解した…

f:id:hyaluckee:20181014172623p:plain

 

≪契機≫

「オリンピックのメダルを都市鉱山から作ろう」

という例のヤツに、自分が住んでいる市も参加する、

ということで、小型家電の収集をやっている。

(日本国内であればどこの自治体でもやっているのか?)

 

通常、これ系の家電は粗大ゴミになり、

いくらかの処理費用が必要になるのだが、

条件を満たすものであれば無料で引き取ってくれる、

ということらしい。

 

「オリンピックなんかやらなくていい」

と思っている俺だが、これは思ってもなかった天啓であり、

オリンピック様様である。

 

ちなみに、psxと言えば、

ご存知の通り「S社の黒歴史である。

(まー、S社の黒歴史はたくさんあるが…)

 

俺もpsxを持っている、ということをネタにしていたが、

地上デジタルが始まる前に発売されたものなので、

テレビ番組は録画できないし、

さらには、DVDドライブも読み取り不可になっていたのでゲームもできない…

もはや部屋のオブジェと化していた。

 

捨てるのにカネもかかるし、

一度、HDDがぶっ壊れてけっこうな大枚を叩いて修理した、

ということもあり捨てるに捨てられずにいたが、

ここ数年、電源さえ入れていなかった。 

 

 

 

≪動機≫

ここまでで

「どうして分解する必要があるのか?」

ということになるのだが、

ここに縛りがあるのだ。

 

小型家電を回収する箱が、

市内の特定の場所に設置されているのだが、

その回収箱には一定の大きさしか入らない穴が開いていて、

その大きさが、横30㎝ × 縦15㎝

 

そして、psxを改めて計ってみたところ、

横32㎝ × 縦32㎝ の大きさだったのだ…

 

いやー、psxって小さいと思っていたけど、

けっこう大きかったんだですねー

 

この時点で、

「この回収箱にpsxをぶっこもう!」

と捨てる気満々だった俺だが、

一転して「エライことになったー!」

と思うのだった。

 

いや、待て!

このウイングみたいの(足)を外せば、

いけるんじゃないのか?

と思った、俺は分解することに決めたのだった。

f:id:hyaluckee:20181014173326p:plain

 

 

 

 

f:id:hyaluckee:20181014173449p:plain

なんか、あからさまにねじが付いているところはすぐに外れたが、

そのあとがヨクワカラナイ。

そして、試行錯誤することによって、

クッションになっているところと、不自然な四角の下にネジがあることを発見。

(たぶん、機械いじりが趣味の人には瞬殺の案件だと思うが…)

 

f:id:hyaluckee:20181014173846p:plain

「このシールをはがさないでください」

というところも、もはや捨てるのにそんなの関係ない、

とシールをはがして、ようやく、ふたをはがすことができた。

 

f:id:hyaluckee:20181014173717p:plain

あとは、コネクタ類を引っこ抜くだけなので、

かんたんなものである。

 

f:id:hyaluckee:20181014174040p:plain

なんか大したものが入っていない。

 

f:id:hyaluckee:20181014174146p:plain

これをとりはずすと、

 

f:id:hyaluckee:20181014174316p:plain

こんな姿になったが、

俺の目的は、足の部分を取り外すことなので、

これ以上は掘り起こすることはしなかった。

それにしても、psxはかなりの重量があるメカだが、

その重さの大部分がHDDだったんやなー。

 

足は、足カバーをスライドさせて、

ネジを外すと外すことができた。

 

 

f:id:hyaluckee:20181014174410p:plain

「足」を外すことによって、横29㎝になり、

回収ボックスに入れることができた。

めでたしめでたし。

 

 

 

しょうもない話

終わり

 

 

第66回「未来のミライ」読んだ… 感想

あ、どうも。ヒャルです。

 

 

 

※この記事の無断転載等を禁止します

 

 

 

未来のミライ

(細田守角川スニーカー文庫・2018年)

読んだ…

 

f:id:hyaluckee:20181008084633p:plain

 

 

結論から言って、

正直おもしろいとは思わなかったんだが、

このブログの本来の趣旨であるところの

「備忘録として」すなわち、

「読んだ」ことを忘れないための記録、

としてここに記す…

絶対に忘れる自信がある!

 

本来、おもしろいと思わないものを記録に残すことは、

俺自身にとっても制作側にとっても、

何の利益もないことなのですべきではない、

とは思うのだが備忘録ということでご了承願いたい。

平たく言うと「公開ではあるが読まなくてもよいもの」の部類。

 

映像で見ると面白いのかな~?

 

劇場には見に行かないだろう。

たぶん、細田作品は日テレやってたから、

そのうちやるだろう…

ちなみに、近所の劇場の上映スケジュールを、

ググってみたところすでに終了している模様(2018年10月8日現在)

 

 

≪あらすじ≫

本編の主人公である「くんちゃん」は、

俗にいう6ポケットのような感じで、家族からかわいがられていたが、

そこに突如「妹(ミライちゃん)」が生まれ、今まで自分が一身に集めていた、

家族からの「愛」を奪われてしまう。

 

妹の存在を疎ましく思うくんちゃんは、

妹にいたずらなんかをしていたが、

そのうちどういうわけか、

赤子だったミライちゃんが大きくなって、

くんちゃんを、指導?したりするようになる。

(ミライちゃんは中学生になったり赤子になったりする)

 

そのうちに、時間軸とかもおかしくなってくる。

くんちゃんが見ていた過去の世界は夢の世界だったのか、

それとも現実だったのかのかもよくわからない。

ファンタジー

 

最終的に、その過去の世界とかのつながりとか経験により、

くんちゃんが成長していくというストーリー

 

 

≪感想≫

結局のところ、なんかよくわからなかった。

例の、過去の事象に転換するのが、

1行空いたところから、急に変わるので、

気を抜いて読んでいると、

「何だこりゃ?」っていうことにすぐになる。

(自分にとってはそれほど食いつく要素もなかったので特に)

 

共感できるところもあるにはある。

俺にも妹がいるから、

この物語と似たような設定ではあるが、

当時、突如現れた「妹」の存在について、

どう思っていたのかはよく思い出せない。

 

あー、でも、子供のころは仲悪かったのかもしれない。

今は普通だけど…

 

俺は「お兄ちゃんなんだから我慢しなさい」とかは、

ほとんど言われた記憶ないが、

他の家では言われるようですね、ご愁傷さまです。

そう言う事情があれば、なおさら、

疎ましい存在になってしまうだろう。

 

仲悪い兄弟というのは歴史上枚挙にいとまがない。

だが「兄弟の仲が悪い」というのは悪いことなのだろうか?

 

以前、このブログにも書いたことがあるが、

そんなことは全く、

「神は意図していない」と思うぞ

 

 

良かったところとしては、

自転車に乗れるようになったところとかなのかなー?

それまでの日常に、今までとは異なった要素が入ってくると、

自己の成長が促されることはよくある。

人間って関係性によって、

その役割を演じている。

今まで、わがままに振る舞ってきた、くんちゃんは、

過去の血縁者(爺さん)と接触することにより成長していく。

 

 

だけど、まー、

誰かがいなくなって、

困ることなど世の中にはない。

どこかに穴が開いたら誰かがその穴を埋める。

アインシュタインジョブズが死んで誰か困った人はいるか?

未だに、泣き叫んでいる人がいるというのなら見てみたい。

誰が死のうが生きようが、

別にみんな普通に生きている。

 

そういうことを描きたかったのではないと思うが…

なんか話がずれてきたので終わります。

 

 

 

終わり