読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲシュタルトのビボログ

日々アホなことを繰り返しているので備忘録つけることにした…

第12回。分島花音「The strange treat ! holy night aquarium」に行ってきた

どうも。ヒャルキィです。

 

分島花音 & The snowdome BIG BAND !
「The strange treat ! holy night aquarium」

2016年12月14日(水) 日本橋三井ホール

に行ってきた。

おい、ちょっと待て!1週間以上も前の話だぞ。まーいっか…

つーか、記録しておかないと「行った」という事実も忘れてしまうから書く。

 

≪1.分島花音先生来歴≫

分島花音 - Wikipedia

 

 

 

f:id:hyaluckee:20161225135832j:plain

≪2.会場の位置関係≫

初めて来ましたー。日本橋三井ホールは、

「コレド室町1」の中の4階。

地下鉄「三越前」下車で1分ぐらい。

 

開演は19時、開場は18時。

18時に会場に着き4階に上がるも

「今回は別口からの入場」と言われ、

スタッフ段取り悪いな…、と思いつつ再び下に行くと、

到着するとすでに長蛇の列。

直前にチケット入手できた、ということがライブを見に来た理由だったが、

こんなに人がいるんだ、と驚く。ビルの谷間で風が吹き寒い。

f:id:hyaluckee:20161225135329j:plain

外に並ばされたものの、結局は、チケットの整理番号順の入場に…

自分の整理番号は後の方だったので、入場もそれに伴って後の方へ…

建物脇の非常階段を使って4階に上がり、ドリンク台500円を払って入場。

 

f:id:hyaluckee:20161225140746j:plain

加隈亜衣先生からの花。

 

 

f:id:hyaluckee:20161225140722j:plain 

≪3.会場の様子≫

開演10分前までは写真撮影可能、ということだったので、撮った写真。

後ろの方に座席があるものの、前方はライブハウス方式になっていてほぼ被りつき。

ステージとの距離が5mぐらいの位置に陣取ることに。

望めばもっと前の方に行くことも可能だったと思う。

 

スタッフからのアナウンスがあり、 

下の店舗に影響がある、ということで「ジャンプ禁止」

を申し渡される。

直感的に「こりゃ、楽しさ半減だ」と思いました。

 

体動かそうと思って、ライブ見に来ている人もいると思うんで、

その場合は大打撃だったんじゃないか、と思われます。

決して安いチケットではないので、

会場のことはよく調べておいた方がいいですね…

 

≪4.セットリスト≫

 1.

 2.RIGHT LIGHT RISE

  MC

 3.

 4.

 5.killy killy JOKER

 6.

 7.シグナル

 8.さんすくみ

  MC

 9.ノットフォーセールフォッシル

 10.

 11.Love your enemies

 12.

  MC

 13.

 14.

 15.芸術家のかわいい想像たち

 16.Drink Drunk Music

 

 アンコール

 17.プリンセスチャールストン

 

あー、ヤバい、半分ぐらいしかわからなかった。

思い出したら追記します。

全17曲、たぶん…

 

 

≪5.客層≫

日本橋という立地。

平日の夜ということだからか、会社員風の方もたくさんいたのが意外。

かなりジェントルな人たちが集まった感じでした。

以前からのファンの方なのでしょうか。

必ずしも、アニメ作品のタイアップを聞いて興味を持った、

という感じではないような…

会場のアンケートでは、昔からライブに参加している、

という方は、少数、という感じでしたが。

 

結局、けっこう年齢高めで、落ち着いた感じの人が多い、という印象だった。

ジャンプ禁止、というルールもちゃんと守られていた。

時折、床が歪んでいるような感覚を感じた時もあったが…

 

≪6.短評≫ 

19時15分ごろから始まって、終わったのは、21時15分ごろ。

ほぼ2時間の、ライブプログラムでした。

 

良い点

・mana様にプロデュースされていたけあって、歌唱力は折り紙付き

・バンド編成とブラス8人はかなり贅沢、生音は良い

・演者との距離が近い

 

悪い点

・公演時間時間が短い

・演奏曲数が少ない

・チケットがけっこういいお値段(ドリンク込み、もろもろで7,000円ぐらい)

 

悪い点は、極めて主観的なことなので、

人によってはデメリットに感じない事柄だと思う。

公演時間に関しては、これこそが標準的なのかもしれない。

最近は、公演時間が長いライブにばかり参加していたので、

感覚がマヒしているのだろう…

 

長所の「距離が近い」というのは、ライブハウス形式のライブだから、

可能であって、もちろん会場によっては違う可能性もあるので、注意した方がいい。

 

驚いたのが、サイリウムを使っている人が一切いなかったこと。

事前にそう申し渡されていたのか、と思い、調べてみると、

本人がtwitter上で、使わない、と明言していた。

 

代わりに旗を振っている。

「RIGHT LIGHT RISE」の一体感を味わいたくて、

参加している方が多いような気がした。

 

2015年の中野文化祭でのパフォーマンスに感銘を受けて、

今回のライブに参加したが、

ライブ自体はおおむね良いものだった、と思う。

 

MCで「CD買ってください」と、しきりに言っていたので、

買ってあげてください。