ゲシュタルトのビボログ

日々アホなことを繰り返しているので備忘録つけることにした…

第17回「 Aqours 1stラブライブ! ~Step!ZERO to ONE~ Day2」見てきた。その感想。LVだけど…

 

あ、どうも。ヒャルです。

 

「Aqours 1stラブライブ!

~Step!ZERO to ONE~ Day2」

見てきた。LVだけど…

f:id:hyaluckee:20170227041354j:plain

≪物販デーの様子…≫

 

日程:2017年2月26日(日)

場所:横浜アリーナ(横浜市港北区)

開場:15時00分

開演:16時00分

 

 

昨日と大体同じ内容だろうな…、と思っていましたが、 

いやー、意外や意外、

今回は、メモリーに残る内容でしたよ。

初めに言っておこう、

2日目現地観戦できた、あなた!

ラッキーだったな!

 

えーと、単刀直入にセトリです。

 

≪セトリ≫

1.青空Jumping Heart

2.恋になりたいAQUARIUM

MC1

3.ハミングフレンド(←1日目と変化)

幕間①(「新横浜」編)

4.決めたよHand in Hand

5.ダイスキだったらダイジョウブ

MC2

〈1年生と2年生〉

6.夢で夜空を照らしたい

幕間②(「食い物のことでもめる」編)

 

〈シャロン〉

7.元気全開DAY!DAY!DAY!

MC

8.夜空は何でも知ってるの?

 

〈アゼリア〉

9.トリコリコPLEASE!!

MC

10.ときめき分類学

 

〈ギルキス〉

11.Strawberry Trapper

MC

12.Guilty Night,Guilty Kiss!

 

幕間③(総集編1)

13.未熟DREAMER

14.想いはひとつになる

MC

15.待ってて愛のうた(←1日目と変化)

 

幕間④(総集編2)

幕間⑤(13話「東海大会」劇中再現)

16.MIRAI TICKET

17.君のこころは輝いてるかい

 

〈アンコール〉

18.PopsHeartで踊るんだもん

19.夢語るより夢歌おう

MC

20.Step!ZERO to ONE

 

 

≪感想≫

開始は、16時過ぎで、終了したのは、21時ごろ。

4時間弱のライブになった。

演奏曲数は昨日と同じ20曲。

 

前日とは打って変わって、LV会場は盛り上がっていた。

なぜなら、いつもいるあいつらがいたから。

たぶん、昨日は本会場に行っていたんだろう…

 

「1日目の内容を受けてからの~」で、

「ま―、こういう編成で来るだろう」

という姿勢で臨めたので、けっこう楽しめた。

人間やっぱり適応力があるものだ、と実感した。

 

 

【2日目のハイライト】 

≪14曲目「想ひと」で事件発生≫

オープニング、千歌ソロ、BGM、梨子のピアノで始まるが、

突如ピアノに変調が生じる。

「なんかミスった?」

と思っていると、完全にピアノが止まる。

モニターの画は動いている…

「え?なに?なに?これ演出?」

 

どうやら、リキャコ先生になにかあった模様。

リキャコ先生に駆け寄るメンバー。 

泣き出す、リキャコ先生。

リキャコ先生を抱きしめるメンバーたち。

 

「おいおい。これはちょっと

おもしろいことになってきたんじゃないか?」

と思っていると、 

モニターに映った、井波杏樹先生が半笑い?

えーと、これはどういうことなのか?

そして「あー、これガチのヤツなんだー」と、思った。

 

 

巻き起こる「リキャココール」 

そして、会場はサクラピンクに包まれたのだった…

 

 

この曲は、出だしはウインドチャイムから入るけど、

そのあとの、千歌ソロの終わってからは、主旋は完全にピアソロ。

 

それも別に、俺からすれば「収録の音源使えばいいんじゃね?」

と思うんだけど、そこらへんは演出の都合なのか、

やっぱり、リキャコ先生はプロ根性の塊なんでしょうね。

もしくは、ライブ感を高めるための演出。

 

でも、あのパートが「そういう体」じゃない、っていうことが

この事件がなければ、絶対に知り得ることはなかった。

 

あまりにもすべてのことが予定調和に行き過ぎていて、

それが当たり前のことになってしまっている。

当然、色んな事は見過ごさされるし、

当人の努力とか費やした時間については看過される。 

そこで、初めて「この人たちは、この日のために努力してきたんだな」

ということに想いが至った。

 

そもそも、プロフェッショナルはそういうところを見せてはいけない、

モノだとは思うが、

「人に知られないようにする親切が本当の親切」というものに似ているかもしれない。

 

 

それにしても、 

よくまー、あれだけの時間で立て直せたなー。

やはり、専門の訓練を積んできたプロ。

だからこそ、演出説は消えない。

 

彼女たちは普通のキャワイイだけの女の子ではないのだ。

かなりの数の人間の中から選ばれたエリートであり、

一般人が日々同じような機械的労働に従事している間に、

超特殊な訓練を積んできている、いわばSWAT的存在。

だからこそ、そういうアクシデント的な演出

やってのけられるんじゃないか?と。

 

今でも、演出なのかアクシデントなのかは半々ぐらいだと思っている。

だってねー、円盤はたぶん「1日目」と「2日目」 別々に発売されるでしょ。

2日間同じ内容だったらつまらないじゃないですか。

企業としては円盤の売り上げは主たる収入源。

一応、セトリは地味に変えてきてるけど、ほぼ同じ内容が2日間だったら、

よほどの信者じゃない限り、1枚しか買わないんじゃないだろうか?

この時点で「通常版(成功版)」「感動版(失敗版)」

の2パターン出来ちゃってるわけですよ。

  

 

あまりにも穿った意見だと我ながら思うが、

ホントに世の中というものは複雑怪奇で、

通常人が知り得ないところで世の中はどんどん巡っている。 

売る側はどんな仕掛けを打ってきているのかが、

わからないまま、買い手はまんまと乗せられてしまったりするのだ。

そして、ハプニングこそ「ライブ感」を感じる重大な要素。

 

 

結局のところ俺的にはそれが感情を動かすものであって、

おもしろければ、どっちでもいいんだけど。

 

 

 

【その他の私見】 

ただ、幕間が長いのは何とかならないものなのか?

曲と曲との間に10分ぐらいの収録映像が流れるが、

せっかく温まったのに、この時間によって冷える。

そして、パフォーマンスが始まると、温まる。

温まる、冷える、温まる、冷える…

すげー疲れる。

ま、まさか、それが狙いなんじゃ?

 

そして、やっぱり

「私はあと100曲いける!」

「まだまだ体力有り余ってますかー?」

と煽っておきながらも、

予定通りに締めるところなんかは、ある意味グッジョブです。

 

 

 

【告知について】

・新企画であるユニットCDについての告知

・2ndライブツアーの告知

・2期が2017年度秋期からスタート

 

ニューシングルについての告知はほぼなし。

普通のアーティストなら絶対にPRするところだと思いますよ。

さすがに余裕ですね。

一応、2ndライブツアーが新曲である「ハピパ」の冠を打ったものではあるが…。

 

ライブツアーは、

1期BDの5~7巻に先行申し込み券が入っている、ということで、

LV会場には何とも言えない空気が流れたが、

名古屋、神戸、埼玉の3か所での公演のようです。

 

このコンテンツは「卒業」というワードがある限り、

相当に息が短い、と思われるのでがんばってもらいたいものです。

でも、メンバー全員若いから、もったいないですね。

日常系のスピンオフになればいいのに~、「サ〇エ〇ん」みたいに。

 

もっと、しこたまツアー組んだ方がいいのに、とも思ったが、

そこには理由があるのだろう。

 

LVの入りから見ると、どうやらこの作品は大都市圏で人気がある、

ということがハッキリわかる。

特に南関東では爆発的な人気がある。

 

 

そして、どうして、これから始まるツアーがこういう形態になったのか、

ということだが、それはやはり2期の放送に関係がありそうだ。

ツアー最終の、西武ドーム公演は9月末で、

おそらく、放送は、2期の4、5回目に入っている。

 

過去の傾向からすると、本作はアニメの流れと、

ライブの流れに重大な関係性を持って進められている。

現段階で、脚本が上がってきているのかどうかは不明だが、

そのあたりから、ライブのコンセプトとは雰囲気を異にする、

重大な局面に突入するのではないだろうか?

 

 

  

【総評】

なんだかんだ言っても、

結局、楽しかったんだと思う。

なぜなら、帰りに熱唱していたから。

「サンシャインぴっかぴか音頭」を(やったっけ?)

 

とりあえず、全力で「ピギィ―!」と叫べたので満足です…

あと、ギルキス。ギルキスには全身の血液が沸きたつものを感じる…

 

教訓としては、

やっぱり、ラブライブのライブは2Daysあるなら、

たとえLVであっても両方とも行くべき。

「何かがある」と思わせてくれるし、実際に「何かが起こる」

 

今回は、リキャコ先生のおかげで、

それは確実に記憶に残るものになった。

 

まだまだ、聞きた曲たくさんあったけど、

今回はやらなかったから、追跡の必要あり。

果たして、2ndツアーは一体どのようなものになるのか?

とりあえず、BD買うか…、買っても当たらねーし、買いたくねーな…

つーか、余力ねーわ!

キャパ33,000だから、一般でもなんとかなりそうな気がするんだよな…

ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 6 (特装限定版)

【早期購入特典あり】 「ラブライブ! サンシャイン!!」3rdシングル「HAPPY PARTY TRAIN」 (BD付) (CYaRon!ネームタグ全3種のうちランダム1種付)

ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 7 (特装限定版)

ラブライブ! サンシャイン!! Blu-ray 5 (特装限定版)

figma ラブライブ! サンシャイン!! 松浦果南 ノンスケール

 

【次回】

未定!