読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲシュタルトのビボログ

日々アホなことを繰り返しているので備忘録つけることにした…

第18回。独断と偏見で「LL!SS!!2期」の展開予想してみた…

 

備忘録的メモ。とりあえず、思いついたことを記録。

 

1期の最後が、地方大会で、結果は明らかにされず…

 

この時点で「本作は3期まで行くんじゃないか?」

という予感が既にしている。

夏開催の「前期ラブライブ」だけで終わるとはとても思えない。

最終決戦は「後期」(3月開催)までもつれ込むだろう。

 

理由としては、

・このコンテンツがファンの心にガッチリ食い込んでいる

・(現状では)長くやれば長くやるほど儲かる

・演者が猛烈に若いからライブでどんどん稼働できる

など。

 

「卒業」「解散」という縛りは絶対にある。

「スピンオフはどうなのかなー?」と思う。

あったらあったで、まーうれしいだろうが、

この前提を崩すことはまずないだろう。

このルールを破ると一気に陳腐化して、駄作の仲間入りする。

「期限を切る」ことは絶対に必要。人間は期限があるから頑張れる、輝ける。

逆に言うと期限がなければ何もやらない。

 

もう既に水面下では、

「LL!」シリーズの3作目の企画が動き出してるんじゃないか…、と思っている。

現状に甘んじる者はいつだって「死あるのみ」

結局、人間も回遊魚と同じで、死ぬまで動き続けなければならない。

安住の地などない。

蟹江4姉妹が言うところの「人は足から死んでいく」とはたいしたものだ。

それを心得て大手がやるから、絶対的リードは縮まることはなく、

もはや弱小は太刀打ちできない。

「やってらんねーよ、マヂで!」

 

 

【ざっくり予想内容】

さてさて、それでは本題。

 

東海大会を通過した、Aqoursは東京での本選に臨む。

 

≪ポイント≫ 

全力を出し切った彼女たちだったが、優勝には至らない。 

 

こう言ってしまうと、初代と同じような流れになりそうだが、

おそらく相当に衝撃的なことが起こるだろうと予想。

 

その理由は、推測の段階だが、

・メンバーの事故、または、ケガ

・何らかの事件に巻き込まれる

・何事もなく全力を出し切ったが、普通に敗れる

など。

 

その結果、

・反動から燃え尽きたメンバーは無気力になる

・ステージに立つのがトラウマになる

・ケガをして恢復の見込みがない

など。

 

そして、訪れる不協和音。

些細なことからメンバーの気持ちはバラバラになる。

 

[この段階で、今までにない悲壮な展開になりそうな気配が…

どうなんだろう?重いのやっちゃうのかなー?

今までの傾向的に、

・重すぎる内容にしない、

・事件になっても暗い話を引っ張らない

(ある意味、軽さが身上。それが人気の1つの要素な気も…)

だったが、その傾向を破るのか?]

 

[ちなみに、この時点で大目標である

「廃校を回避する」という目標は達成している見込み。]

 

 

そこに、3年生の受験も重なり、Aqoursは空中分解。

そんな中、千歌は旅に出る。

旅での経験と出会いを通して、千歌は

「Aqours=A + 9 + ours

9人の私たちのもの」という思いに至り、

かけがえのない今をこの9人で優勝を目指したいと再び動き出す。

そして、後期ラブライブに臨むことを決意。

 

ここまでが、俺の思う2期…

 

 

やべー!予想以上に

つまらない内容になってしまった!

だが、このまま垂れ流す…

 

 

ちなみに、

3期では、メンバーとの絆を取り戻し、最後のチャンスである、

後期ラブライブを目指し優勝します。

 

 

〈大穴〉

前期で優勝したAqoursは、後期も優勝しようとがんばり、

結果優勝してしまう、という「リンかけ」的展開…

 

 

 

〈気になる伏線〉

・「スノハレ」みたいな曲を作りたい。→ラブソングで勝負する

・過去の1年生(現3年生)の東京招聘時のケガ→古傷。またやっちまうんじゃないか?