読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲシュタルトのビボログ

日々アホなことを繰り返しているので備忘録つけることにした…

第19回。またしても、セガコラカフェ「ラブライブ!サンシャイン!!」に行ってきた

 

どうもー。ヒャルキィです。

下書きで眠っていた記事を蔵出しサンシャイン!!です。

 

またしても、セガコラカフェ

「ラブライブ!サンシャイン!!」に

行ってきましたー!

f:id:hyaluckee:20161228183054j:plain

あ、これ、けっこう前の情報だ…。 まー、いっか…。

 

≪1.前回の「ラブライブ!サンシャイン!!」カフェ≫

店員A「え?ラブライブってこんなにキチがいるの?」

店員B「売上超ヤバくない?」

もはや、活況すぎてイレグイ状態のカフェの盛況っぷりに、

支配人はウハウハだった。

 

一方、店員たちは、

「こんなに儲かってるのに、

どうして俺たちの時給は1円も上がらないの?」

と、不満を募らせていた。

 

そんなある日、来店した、俺。

入口でメニュー説明をする、支配人(?)らしきおっさん。

「「堕天使の涙」はけっこう辛くて、ルビィちゃんみたいに、

「ぴぎぃ————!」ってなっちゃうから気をつけて」

という説明を、

全力の世界の黒澤ルビィモノマネを交えながらする

中年男性の姿に、なんかアレだな…、

デカい声では言えないが、けっこうキツイな…、

と思いながら聞いていた俺だったが、

食べてみると、実際そんなに辛くはなかった(主観による)。

挙句の果てに、「アゼリア」のパフェをたのんだのに、

「ギルキス」のパフェが来るはで踏んだり蹴ったり。 

最終的に、俺は、ダイヤたんのグッズを

しこたま買って帰ったのだった… 

 

 (※:半分ぐらいは盛ってます…)

 

 

 ≪2.おいおいどうしたんだ?パワーアップしてるじゃないか?≫

集合時間ギリギリに行ってみると、すでに予約客でフロア(前室)が一杯になっていた。

「相変わらず、人気あるな~」と思っていると、店員のお姉さんによる、説明が始まった。

そして、驚くべきことに、劇中のシーンを模して、

「0から1へ!サーンシャイ~ン!」をやる、というのだ。

 

おいおい、ちょっとこれはけっこうな羞恥プレイなんじゃないのか?

だが、安心しろ、ここには「サンシャイン!!」が大好きなヤツらしかいないのだ。

It's a Sunshine World !!

 

ちょっと戸惑いつつも、円陣を組み始める皆の衆。

ピンの俺もその輪に参加することになり、大きな輪になった。

そして、全員で

「0から1へ!サーンシャイ~ン!」の大絶叫。

そのあと、物語はカフェの中へと続いていく。

 

 

 ≪3.壁側の席に案内された、俺≫

目の前にはダイヤたんが…

f:id:hyaluckee:20170119161355j:plain

そして、そこからも続く、お姉さんの説明。

どうやら、今日は、「つけパスタ」がおすすめのようだ。

メインの料理は2パターンの中から1種類しか選べないのに、

おすすめ料理なんてあるのか?と思いつつも「つけパスタ」を選択。

他にデザートメニューで「3年生のパフェ」と、黒澤ダイヤのドリンクをたのんだ。

 

 

≪4.ドリンクがやってきた≫

f:id:hyaluckee:20170119162109j:plain

 

 

 

≪5.主菜がやってきた≫

f:id:hyaluckee:20170119162239j:plain

ソースには確認できたものでは、玉ねぎ、チーズ、温泉卵を使用。

(温泉卵を溶いて黄身を混ぜると触感が変化)

緬には、トマト、マッシュルーム、ルッコラ的なもの。黄色いのは不明。

 

 

 ≪6.デザートがやってきた≫

f:id:hyaluckee:20170119162431j:plain

確認できたものとしては、生クリーム、チョコソース、シリアル(麦的なやつ)、

ドーナツ、バニラアイス、ドライフルーツ(レーズン、苺)、

緑の豆っぽい物(フレーク?) 、小麦粉練って細長くして焼いたやつ、

マスカットゼリー、黄桃、チェリー。

 

 

【短評】

何が気になるって、

やっぱり、けっこうなお値段ってことです。

3品目で2,800円だったと記憶している。

(内訳:ドリンク600円、主菜1,200円、デザート1,000円)

この値段出せば、銀座でも普通にうまいもん食えるぞ…

 

だが、それでも行ってしまうのが悲しいヲタの習性。

最近、これ系のカフェが乱立しているが、全くいいところに目をつけてますね。

素人でも作れる簡単な食いもんで、

普通の飯屋がアホらしくて営業やめるぐらいのレベル。

こんなの絶対儲かるわ!

 

また、行こう…