読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲシュタルトのビボログ

日々アホなことを繰り返しているので備忘録つけることにした…

第21回。宇宙人について

 

UFO(未確認飛行物体)らしきものを見た。

メモ。宇宙人についての考察…、

ってーほどのことでもないか…

 

 

少なくとも、宇宙人は太陽系に生息してはいない。

太陽系のハビタブルゾ―ンは、太陽から1.5億キロ前後。

そこに存在する惑星は、地球と、火星しかない。

さらに、生命に必要とされる6つのエレメントは火星にそろっていない。

 

系外にある一番近い恒星でも、何光年かあるはずなので、 

彼らは間違いなくシンギュラリティに到達している。

系外からやってくるということはそういうことだ。

光速もしくはそれを超える速さを身につけているのかもしれない。

 

それにしても、なぜ、圧倒的な科学力を持っていながら、

面白半分に殲滅したり、地形を変更したり、人間を間引きしたりしないのか。

別に大陸1つを消滅させたとしても何の問題もないだろう。

 

それは「地球が彼らの箱庭だから」

なんじゃなかろうか。

 

例えば、シンギュラリティに到達していても、

過去に戻る技術は確立できないのかもしれない。

おそらく生命は、どこでどのように発生しようとも、

必ずシンギュラリティに到達するようにできているのだろう。

そして、それは大宇宙を支配する物理法則と同じように、

結果として神のような存在に至る。

もはや必然的事項…

 

だから、進化の過程を知るのと、シンギュラリティの検証のために、

この星に生命を植え付けた。

 

彼らは宇宙人であると同時に、神に等しい存在だと思われる。

だが、そうなると、宇宙人がしばしばUFOに乗って、

地球に現れる(存在をアピール)するのはなぜなのだろうか?

そんなことをする必要はあるのだろうか?

よくわからない…

 

だが、街を歩いている人間を見ても、

何を考えているのかわからないのと同様に、

そんなことが一介の極小の存在に分かるわけがない。

 

 

ちなみに自分は、生命はこの星で発生したものではない、と思っている。

俗にいう「パンスペルミア説」を推している。

 

とりあえず、今までのところ

「生命とはアミノ酸の海の中に電気刺激的なもので生まれた」というのが通説。

数々の科学者が生命を生み出そうとしてトライしてきた。

だが、新たなる生命を生み出せた者はいない。

 

そこから、

「地球で発生した生命はないんじゃないか」と直感的に思った。

それほど「生命の発生」とは大宇宙の奇跡的なことなのだと思う。

生命の発生原因はもしかしたら、宇宙人も知らないのかもしれない…

 

 

ヤバいヤバい。

これは頭がおかしい話になってきたけど、

まーいっか!

おしまーい。