ゲシュタルトのビボログ

日々アホなことを繰り返しているので備忘録つけることにした…

第22回。Aqours 2nd LoveLive!名古屋公演DAY.1行ってきた。LVだけど…

あ、どうも、ヒャルキィです。

 

Aqours 2nd LoveLive!

HAPPY PARTY TRAIN TOUR

名古屋公演 DAY.1

 

行ってきた。

LVだけど…

 

 

日時:2017年8月5日

場所:日本ガイシホール (名古屋市南区東又兵ヱ町)

開場:17時00分

開演:18時00分

 

f:id:hyaluckee:20170813142105j:plain

近所の東宝船橋です。

たぶん、LVでは千葉で一番盛り上がっていたと思われる。

なぜなら、チケットが千葉で唯一SOLD OUTしていたから!

 

船橋の「ラブライブ!」LVには、

いつもいらっしゃるヌシのような方が何名かいますが、

今回もいらっしゃいました。

声を聞けばわかります…

さてさて、それでは本題へ。

 

 

≪セトリ≫

【オープニングムービー】は、某〇河鉄道的作品を彷彿とさせる作り。

機関室にメンバー全員がぎゅうぎゅうに詰め込まれているシーンはなんかウケた。


1.HAPPY PARTY TRAIN
2.Pops heartで踊るんだもん!

 

【MC1】メンバー紹介
ありしゃ先生が急に倒れ「まさかまた事故?」
と思わせたが、のどが渇いたから水を飲みたい、という演出。
アクアウォーターを飲む。

 

3.少女以上の恋がしたい
4.空も心も晴れるから(2年生曲)
5.Waku-Waku-Week!(1年生曲)
6.G線上のシンデレラ(3年生曲)

 

【アニメ1】
どういうわけか、リベンジに燃える千歌。
桶狭間大須演芸場、やば珈琲をいじる。

 

7.恋になりたいAQUARIUM
8.Daydream Worrier
9.スリリングワンウェイ

 

【アニメ2】
ういろうと名古屋人をいじる。

 

10.近未来ハッピーエンド
MC2
CYaRonの旗が、ふりりん先生のデザインであることで盛り上がる
11.海岸通りで待ってるよ

 

12.GALAXY HidE and SeeK
【MC3】
前回に引き続きトリコリコな演出
すわわ先生が「予め色を変えちゃらめ~」と言う
13.INNOCENT BIRD

 

14.コワレヤスキ
【MC4】
衣装がどーのこーのという話。よく覚えていない。でも大好き
15.Shadow gate to love

 

【2ndツアー意気込みVTR】

 

16.青空Jumping Heart
17.SKY JOURNEY
【MC5】
次で最後の曲です、という感じのトーク
18.君のこころは輝いてるかい?

 

【アンコール】
19.サンシャインぴっかぴか音頭
うちっちーが登場する。
【MC6】
うちっちーを早々に退場させ、
メンバー1人1人がライブを締めくくる挨拶をする。
20.太陽を追いかけろ!

 

 

≪感想≫
リキャコ先生は最後の挨拶で、

「今まで1度も歌ったことがないアイキャンのパートを、

間違って歌っていた」と自己申告してたけど、
皆さんちょいちょい間違ってたから、
シャドウボーカルもっとガンガンに入れてもいいんじゃないかなー?

 

なんか、聞いてた感じほとんど生歌だった、という印象だったし、
シャドウボーカルきつめに入れても、完全ホームだし、

誰も責めないんじゃないかと思われる。

(まー、突っ込むとは思うが…)
つーか、ライブ感出るようにわざと生歌だってわかるようにしてたのか?

 

終わったのが、21時20分ごろ。
開演が、18時過ぎだから、3時間ぐらいの公演になるが、
3時間で20曲ってどうなんだろう?
某声優さんたちがバンド組んで演奏する感じのライブも、
かなり少ない曲数だったところからすると、
そういうのが最近の傾向なのだろうか?
俺にはよくわからない。


2回目のライブだったし、

「もう一声欲しかった」というのが正直なところです。
曲間長くて、ほとんど休憩みたいなもんだから汗かかないんですよ。
毎日10km走ってるこっちとしては…
(それは飽くまで個人的な事情であるが…)
畳かかけるような連続チェーンで、
「お前ら休ませないぞ!」というようなライブを希望したい。

立ちっぱなしでいいんですよ!
もっとも、実際のところ、それやると体力的にきついのは、
どう考えてもステージ上の演者だとは思うが…。

そういえば、Aqoursの皆さん最後は汗ダラダラでしたね。

 

1stライブも20曲で、今回も20曲。
Aqoursは20曲の制限がかかってるのだろうか?
ピッチャーの球数制限の如く。

 

でも、改めて考えてみると、ほとんどが新規の曲だったから、
演者はかなりがんばっていたんだなー、とは思う。

20曲中16曲が新規の曲ですよ。

これはやっぱり大変だ。全部フリ付いてるし。


キャニャコ先生が最後の挨拶で言っていたけど、
「ダンスが一杯一杯だった」
というのはガチなところだったんだと思います。

 

既出の曲は「青ジャン」「君輝」「恋アク」「ポプハ」だけですよ。

「想ひと」とか「ユメ語」とかやらなかったのが超意外だった。

 

近くにいた女性が「この曲知らない」

と言って座っていたところからすると、

新規率80%のこのツアーを楽しむためには、

BD付属CDの曲全部やってたし、かなりの努力が必要だったと思われる

アニメだけ見てた人にはなかなかキビシイ展開。

俺はもちろん全網羅していたが、このセトリが吉と出たのか凶と出たのか…

もっとも、YouTubeで探せば全部アップされてるから、

やる気が有るか無いかの問題だった、ともいえるが。

 

付属CDの曲といえば「デイドリ」「スリワン」「3W」が超良かった。

「デイドリ」は俺が思うAqours史上一番カッコいい曲だけあって、

やっぱり超最高でした!

欲を言えば「ハミフレ」とか「アクヒロ」とかもやって欲しかった。

 

あと、最近公開されたサマバケの曲もいい曲揃ってるから、

是非ライブで見たいですね。

サマバケの曲は、たぶん埼玉公演でやるんじゃないか?、と予想しているが…

「つーか、このタイミングでやらなかったらいつやるの?」

としか思えない。

千歌の「たのしかったね、夏…」というセリフはまさにここに掛けるために、

あるんじゃないのか?

 

次回公演では汗かきたいですね!

 

 

≪次回≫

Aqours 2nd TOUR 神戸公演

LVだけど…、を予定。