ゲシュタルトのビボログ

日々アホなことを繰り返しているので備忘録つけることにした…

第31回。Aqoursファンミ千葉公演(1日目夜の部)行ってきた

あ、どうも。ヒャルです。

 

 

※この記事の無断転載等を禁止します

 

 

 

ラブライブ!サンシャイン!!Aqours クラブ活動

 LIVE&FAN MEETING

 ~Landing action Yeah!!~」

行ってきた。

 

 

日付: 2018年3月10日(土)

場所: 幕張メッセイベントホール(千葉市美浜区)

開場: 17:00

開演: 18:00

f:id:hyaluckee:20180313075357j:plain

 

セトリ

1.Landing action Yeah!!

 

トークパート≫

Aqoursマーケティング

・いいところアンケートゲーム

・利きハグ

Aqoursからのお知らせ

 

≪ライブパート≫

2.未来の僕らは知ってるよ(TV ver.)

3.恋になりたいAQUARIUM

 

MC

4.Daydream Worrier

5.スリリングワンウェイ

6.青空Jumping Heart

7.ハミングフレンド

 

8.待ってて愛のうた(会場投票の4択により)

9.Landing action Yeah!!

10.勇気はどこに君の胸に

 

 

 

 

感想(序章)

とりあえず、全然関係ない話…

 

朝なんだかんだで、何も食わずに必死こいて原稿やっていたが入稿間に合わず、

「まー、しょうがねっかー」で食材の買い出しへ。

帰宅後、ファンミの物販に直行するか、飯を食うか考えたが、

ラブライブの物販はけっこう手際良い

イメージなので、すぐ買えるだろうから帰ってきてから食おう、

と思っていたが完全に甘かった。

 

家からメッセまではチャリンコで30分ぐらい。

12時ごろに会場に到着してみると、整理券の読み上げが200番台ぐらいだった。

 

とにかく、整理券がないので12時半ごろから形成された「券ナシ」の列に並ぶ。

待てど暮らせど整理券の読み上げが終わらない。

一体どんだけ整理券配ったんだ?

結局、読み上げが終わったのは16時ごろ。

 

まさか、7,600枚も整理券配ってるとは…

完全にどーかしてるぜ!

そんなに配ってんなら初めに言ってくれれば並ばなかったのにー。

まー、キャパが万越えだから当然かー。

 

当日、思ったよりも寒く、単独行動なので移動もできない。

体温はどんどん下がっていき体力が奪われていく。

これはある意味コミケで並ぶよりも過酷な状況だ…

その後、3時間半ぶりに列が動き出したが、それでも「券ナシ」の物販は始まらない。

なんか、売り子さんたちの休憩とかがあったらしい。

ごくろうさまです…

 

結局、買えたのは16時半過ぎ。

いずれにしても、こんなことになるとは全く予想してないから、

チケ持ってきてない。

とにかく、いったん帰るしかない。

チャリンコに乗り家に向かう。

家に着いたのは、17時過ぎ。

家に着いたが18時開演だから飯なんか食ってる余裕がない。

とりあえず、気休めの、仙豆(ピーナツ)を何粒か食べ、

用意を整えてから再びメッセに向かったのだ。

 

必死こいてチャリンコをこぎ、再び会場に着いたのは17時55分。

中に入るとすでに会場では、

「もうすぐ開演」という係員の呼び込みがかかっていた。

さらに、伊波先生らによる前説…

 

かくして、疲労困憊のまま、ライブを迎えることになったのだ…

 

 

f:id:hyaluckee:20180313075202j:plain

 

 

感想 (本題)

18時すぎにすぐに開演した。

関係ないがいきなり花粉でムズムズする…

この時期は苦手だ。

 

 

3階の「機材席解放につき…」の席だったが、

けっこう良く見えて、思ったより良いロケーションだった。

やっぱり狭い会場は良い。

見え方の図を提示したいところだが割愛する。

 

 

まー、内容的にはアレですよ… 

「あれ?これデジャビュなのかなー?」と。

これ俺が前にLV見に行った、大阪公演とほぼ同じ内容じゃね?

他の公演見に行ってないからよくわからないんだけど、

まさか、2回しか見に行ってないのに、

その2回ともが内容ガン被りって…、

そんなことあるのか?

 

利きハグもなー。

メンバー全員正解だったけど、そりゃ、長い時間一緒に過ごしてるし、

その人固有の臭いとかもあるからわかるんじゃないかなー、と。

フリリンへの縛り「手にグローブをつけて」の利きハグについては、

多少無理がある、とは思ったもののそれでも正解。

他の企画なかったのかなー?

それでも人気があるのだからいいのかもしれないが…

 

悪いことに会場投票4択の選択肢もすべて同じで、

しかも出てきた回答も全く同じ「待愛」??

ど、どぼじで…??

おで、じぬのかな?? 

 

 

聖闘士に同じ技は通用しないのだ… 

いや、同じ技を食らうとアナフィラキシーで死ぬんだろう、たぶん…

 

 

メールのコーナーで、

「この作品がきっかけで付き合うことになったが、

東京でのデートプランを提示して欲しい」という内容のお便りに対して、

メンバー並びに会場の顰蹙を浴びる投稿者。

だが、彼女は勝ち組。そんな顰蹙などどこ吹く風。

そしてそこから、メンバー個人が思い描くデート展開へと発展するが、

「東京じゃなくて沼津に来い」

という痛烈な突っ込みが。

まー、内容はよく詳しく覚えてないが、

メンバーがメンバーっぽい内容の回答をしていたと思う。

 

 

そうそうそうそう!

たしか、4コマのコミカライズを手掛けている

トシオ先生もいらしていたらしいよ!

 

 

イイところアンケートゲームで槍玉に挙がったのはフリリン

俺はあの土下座を見て以来、

一番伸びしろがあるのはフリリン

だと思っている。

あれは映像に乗るんだろうか、いや間違いなく乗るはずだ。

4月下旬が楽しみである。

 

コーナーの中で上がってきたキーワードとして、

モノマネ、絵が上手い、しっかりしている、ルビィ愛

噛み合わない、抱き心地がいい、

など。

 

その中で一番盛り上がっていたのは、

カナコ先生が挙げていた、噛み合わない、という話。

「人の話を聞いてないでしょ?」と痛いところを突かれるフリリン。

結局は、最近ようやく噛み合ってきた、ということで決着するが、

大阪出身のカナコ先生は流石で「噛み合わない」という話で、

その後、何天丼も重ねていく。

 

なるほどなるほど。

自らも口に出し、ちょいちょいメンバーからもいじられている、

自分と役柄の乖離について、なかなかに頷ける話だった。

もちろん多くは語っていなかったが、

そういうことを口にする人もなかなか希少なので意味がある、

と俺の中で勝手に理解した。

 

 

お知らせ関連として、

Aqoursクラブを今年もやる、

というのがもっとも大きい話だったんじゃないかな。

とりあえず、この回の時に劇場版の話は出なかったが、

劇場版→ファイナルライブ、という、

一番可能性が高そうな本命の線は見えてくるから、

2020年春あたりに終幕なのかな?と朧気に思ったりした。

 

 

なんだかんだで、演目はライブパートに突入する。

定番も定番、ド鉄板の曲のオンパ。

まー、盛り上がる曲をやった方が間違いないし、

それが、観客の望みにも適っている。

 

もはや、鉄板になりつつある、

デイドリ→スリワンのチェーン。

これは良いですな。

サンシャインぽくない曲だけど

 

お客さんも完全に調教されてるから完全に息が合っている。

以心伝心、一心同体とはこのことだ。

イレギュラーは、ハミフレと4択(待愛)ぐらいかな。

知ってる曲ばかりだから何の心配もない

「♪心配ないさ~」

とここで、往年のギャグを噛ませてみる。

 

完全な予定調和なので安心して見ていられる。

スリリングはない。

もはやスリリングワンウェイではないのだ!

まるで夢を見ているかのよう。

総合すると、まー、良かったんじゃないかな

 

 

 

そんなこんなで、20時20分ごろに公演が終了した。

そこから、お待ちかねのお見送りのお時間へ。

規制退場なので順次ブロックごとに案内がでるが、

なかなか動きがない。

 

30分ぐらいしてようやく動きがあった。

ドアが開き歓声が上がる。

そこからは早かった。

 

入ってきたときには全く気付かなかったが、

開場入口の上に設置されていた櫓の上にメンバーがいて手を振っている。

なるほど、これならあっという間に人を捌ける。

 

特攻隊長である、あいきゃんが活きが良くてとにかく目立っていた。

フリリンのところ通ってきたけど、

目が合わなかったことが無念なり… 

 

f:id:hyaluckee:20180317222204p:plain

(ブレードかわいい。なんでもっと早くこういうデザインにしなかったのか?)

 

 

外に出たのは、20時50分過ぎ。

 

 

 

おしまーい

 

 

hyaluckee.hateblo.jp