ゲシュタルトのビボログ

日々アホなことを繰り返しているので備忘録つけることにした…

第43回「ラブライブスクールアイドルフェスティバル」やってみた…感想

あ、どうも。ヒャルです。

 

 

 

※この記事の無断転載等を禁止します 

 

 

 

ラブライブスクールアイドル

フェスティバル(スクフェス)やってみた…

 

f:id:hyaluckee:20180620160242p:plain

『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』ポータルTOP

 

 

 ≪経緯≫

ガラケーからスマホに機種変して、

まず着手したのはスクフェスのダウンロードだった。

 

 

「ずっとやりたかったんだよー!」

 

 

まー、今まで周りの人からちょいちょいやらせてもらっていたのだが、

ここに来てついに夢が叶った。

そこまで、やりたいのなら、とっととスマホに機種変すればよかったのだが、

現実問題スマホの料金って高いでしょ?

こんな価格破壊が進んでる世の中でなぜスマホ料金の価格破壊は進まないのか…

 

たぶん、スマホに変えただけでも単純計算で電話料金は倍以上になる。

俺にとってケータイなんて、

連絡先の証明ぐらいにしかならないのにバカバカしい、

ということで、日日の生活に「スクフェス」は埋没していったのだった。

 

そして、以前このブログにも書いたが某社の2年契約が終了。

その際に、他社の料金を調べてみると、ガラケーで使っていた、

某社より、格安スマホの方が料金が安くなることが判明。

 

(参考)

大手某社を使い続けていた場合

 → 2,000 × 24 (2年縛りになるため) = 48,000

 

俺が選択した格安スマホ社を選んだ場合

 → 1,200 × 24 (同じ契約月数と考えた場合)+ 10,000 (端末料金) 

   + 3,000 (事務手数料) + 3,000 (解約手数料) = 41,800 

(消費税等含まず)

 

 

電話が新しくなっただけでなく、

差分で料金も安くなるなんてこれはハッピーな選択だ。

えーと、枕はこれぐらいにして本題へ…

 

 

 

≪ダウンロードするも…≫  

データだけでこんなに重いの?

たしか、通常ダウンロードで2Gぐらい容量を食ってしまう…

「俺のケータイ、ストレージ8Gしかなくて、

システムに2/3ぐらいもってかれてるから…」

とにかく、スクフェスを入れただけで

他のアプリが入らない状態に…

 

さっそく、プレイしてみたが、

全くもって信じられない。

 

どうして2点以上の接触で

その動作を感知することができるのか?

駅のタッチパネルは1点しか感知しないぞ…

 

あとで、分かったことだが、この挙動を処理するシステムは、

「静電容量方式」というのを使っているらしい。

これは、電気好きの俺にとっては見逃せない情報だ。

今度じっくり調べてみよう。

このことは、スクフェスには関係ない情報だが…

 

まー、そこまでは良かったのだが…

 

 

≪その時が来た…≫ 

ストレージ不足でデータの更新ができなくなってしまう…

それ以前から、本体のストレージがヤバい、

と思っていて、スクフェスのデータを外部メモリに移そうと、

何度も試みていたが、何度やっても失敗…

 

これはもう、機種変するまでスクフェスできない状態になるのか?

と思っていたが、色々試していると突破口が開けた。

 

 

≪ストレージの問題の解決≫

つまり、初めから本体ではなく

マイクロsdに保存すればよかったのだ。

そうしなかったために、問題が起きたことが分かった。

そして、再びスクフェスのデータをダウンロードし始めたのだった…

 

スクフェスのダウンロードページには、

Wi-Fiだと10分ぐらいのダウンロード時間」

という表示があるが、

10分どころか1時間経ってもダウンロードは終わらない…

 

これは、外部メモリに

ダウンロードしようとしたことと関係がありそうだ…

マイクロsdはできるだけ処理速度が速いものを選んだ方がいい、

という教訓を得た。

 

結局、Wi-Fiを使ったのに

ダウンロードに3時間ぐらいかかってしまう。

こんなに、かかると

UR出るまでリセマラなんかする気が起きない…

 

 

 

≪中毒性高い≫

改めて考えてみると「スクフェス」のすごさがよくわかる。

今、ゲームアプリの世界は動画全盛である。

その中で、こんなシンプルなシステムで人気を博しているとは…

基本、動くのはリズムアイコンだけである…

 

たぶん、そのシンプルさが、

世界4,000万ダウンロード

という驚異的な数字につながったのだろう…

 

 

システムがシンプルということは他にも良い影響をもたらす。

メンテも超早い。

1時間でたいがい完了する。

 

キャラクター、楽曲、ストーリー性、さらには、

各種イベントを織り込んだりして、

メーカーはユーザーを飽きさせないように工夫している。

 

 

 

≪課金しなくてもけっこうおもしろい≫

プロフェッショナルの方でなければ、

溜まったLPで空き時間にちょっとやるだけで十分である。

 

ちなみに、俺はソシャゲで課金したことがない。

しかし「課金するか否か」俺は迷った。

だが、別に

「URが欲しいから」

という理由ではない。

 

「課金しないでもけっこう楽しめているから、

その対価としてメーカーにいくらか払った方がいいんじゃないか」

という理由で、だ。

 

つーか、俺の中では「ゲームなんてもんは完パケで、

一々金入れてやるのはゲーセンのゲームぐらいなもん」

という常識が染みついてしまっている。

 

「課金しなきゃ。課金しなきゃ」と思いつつも、

「カード番号入力すんのめんどくせー」

ということで結局しないで終わっている…

 

まー、メーカーはこの作品が起爆剤になって業績がⅤ字回復した、

ということも知っているので、

「別にしなくてもいっか」である。

 

 

もっとも、この状況がいつまでもつかは知らないが… 

 

 

【総評】

おもしろい!

とても満足。

ただ、俺が使っている機種ではメモリ不足のせいか、

リズムアイコンの挙動が均一にならなかったり、

タッチしたはずなのに抜けたりするし、

ロングトーンが途中で切れたりするが…

まー、たいした問題ではない

 

 

終わり