ゲシュタルトのビボログ

日々アホなことを繰り返しているので備忘録つけることにした…

第7回「宅建試験」について。

 

どうも、ヒャルキィです。

 

 

もはや、気温もどんどん低くなっていき、

いよいよ今年も終わるんだな…、というような感じがしてきました。

 

 

≪そういや、宅建持ってるな…≫

賃貸の契約更新の通知が来ていたのを見ていると、

そういえば、自分「宅建」持ってるな~、ということを、ふと思い出した。

たしか、試験が10月末に近い日曜日。

「行政書士」と同じ試験日なんですよね。

 

 

宅建、持ってたことを忘れてたぐらいだから、

忘れて、もう一度受けないように、ここに、記す…。

 

 

そして、以前勤めていた会社…、と言っても、10年以上前の話になるが、

そこにいた、おじさんが、

「宅建」取りたいが何度受けても受からない、

ということを言っていたことも、同時に思い出された。

 

おじさんどうしてるかな?

これだけの時が流れれば、たぶん、受かっているとは思うが…。

f:id:hyaluckee:20160924164852j:plain

 

 

≪「宅建試験」って、想像力や、応用力なんて一切必要ない≫

つーか、毎年毎年飽きもせず、同じような内容の問題ばっかり。

(なにぶん、10年以上前の話だから、

今は激烈に難しくなっているかもしれないが…)

たしか、出題数50問で、

6~7割ぐらい取れれば合格、だったと思うが、

その合格点取れる以上の配点が、驚くべきことに、

過去の試験に出た内容と同じなのである。

 

よく、大学受験とか、高校受験とかで、

過去問を繰り返し解くことの大切さを教えられるが、

この試験は、まさしくそれ以外ない。

 

つまり、過去問を完全に覚えてしまえば、

合格はほぼ間違いない、のである。

 

ちなみに、自分は5年分(250問)の過去問をやっただけだったが、

合格点以上の点数を取れた。

 

一体、試験センターどんだけラクしようとしてんだ?

というぐらいの、同じ問題の羅列…。ビックリです。

つーか、そもそも、他の試験と違って「落とす」ということが、

念頭にないのかもしれない…。

 

 

≪合格の方策は?≫

よく、大軍に兵法なし、と言われるが、合格する方法は、

たったあれだけだ!おぼえろ!

としか、言いようがない。

 

それに、実際、不動産の仕事するようになったら、

「重説」とかで説明しなくてはならない事項が、まんまだから、

不動産屋やるなら、覚えて損になることは無いはず。

 

覚えていれば確実に解答できるんですよ。

いわば、あらかじめわかっている正解を書き込むだけ。

その感覚は、まさにチートしているような感覚に等しい。

 

他の試験だったらこうはいかない。

たいていの試験は見たこともない問題が山のように出てきて、

面食らってアワアワしているうちに、時間終了~!

 

 

 

≪勉強方法は?≫

それでは身もフタもないので、

効果のありそうな勉強方法を、挙げることにした。

 

1.ゲーム感覚で取り組む。

基本的に、嫌いなもんや、

興味ないものは、おぼえられませんよ。

脳はそういう風にできているんです。

決して、アナタが悪いわけではありません。

 

でも、目の前にどうしても達成しなければならない物があるとき、

それを克服するためにはどうしたらいいのか?

 

よく、堀江さんとか頭がいい人がおっしゃってますけど、

ノルマとか、制限時間とか設定して「ゲーム感覚」でやっていけば、

そのうちに、やることが楽しくなってくるし覚えられる、といいますね。

 

「ゲーム感覚」っていうのは、よくわかります。

自分も以前勤めていた会社で、

単純労働だったけれど、それをいかに早くするか、とか、人よりうまくやるか、

ということを「ゲーム感覚」で追求していった結果、面白くなってきて、

その部署で他に並ぶものがないほどの仕事が上達したことがあります。

 

「楽しんでやる」ということが、技術を上達させる。

 

 

2.リンクさせる。

自分は、勉強する時によくやってるんですけど、

ページを進めるたびに、似てる事柄が出てくることがありますよね。

その時は、該当するページに戻って、何ページ、と書き込む。

そうすることで、記憶を定着を促すことができる。

 

でも、この方法には問題点が…。

すぐには、該当の個所が見つからない時があり、

あまり、そのことに夢中になりすぎると、それだけで膨大な時間を食ってしまう。

これは、やりすぎ注意です。

そういう時は、あきらめて先に進んだ方が吉です。

 

 

 

3.アウトプットする。

勉強した内容を誰かに聞いてもらう。ノートに書く。

日記に書く、ブログにつける、SNSに書きこむ。

独り言を言う。シャドウイングする、などなど…。

 

とにかく、アウトプットすることは記憶の定着を促します。

何度も繰り返す、ということは、

脳が必要なことだと認識して長期記憶になっていきます。

覚えられない、という方はやってみる価値があると思いますよ。

 

 

 

4.とにかく、何度もやる。

反復させることは何より重要。

自分も、過去問を初めから最後まで、

10回ぐらい繰り返し解いたおぼえがあります。

反復することで、内容を覚えられ、スピードもどんどん上がっていきます。

スピードが速くなった方が、どう考えてもいい。

勉強に当てようと思っていた時間を他の時間に当てられる。

しかも、比較的時間を詰めて、やった方がいい。

あまり、時間を置くと忘れてしまうので。

 

 

まー、こんなもんですかね。

読む人いるか知らんけど…。

 

 

 

 

 

第6回「3DSの「株ゲーム」がそこそこ面白い」件について

 

どうも。ヒャルキィです。

 

「すれちがいMii広場」内に配信されている、

「サクッと!株トレーダー」

が、そこそこ面白い。

 

いつもは、DLしてまで遊んでみよう、というゲームは、

無いので基本、3DSはうっちゃっているが、

案内が来てこのタイトルが無料で遊べる、ということだったので、DLしてみた。

 

やってみると、

すごく単純なゲームだが、そこそこ、面白い。

 

このゲームの主題は、 

「要は、株価が上がるのか下がるのか、予想して、

制限時間内に、売買して差益で稼ぐこと」

 

 

とはいえ、実際の株の売買というのは、売る人と、買う人がいて、

成り立っているから、このゲームのように、売る判断をしたら、瞬時に売れる、

買いたいときに瞬時に買えたりできるのとは、違って、

簡単に「取引成立」とは通常ならない。

もっとも、ストップ高とかにになるような人気の銘柄とかなら、

そういうことも可能かもしれないが…。

 

現実の世界では、差益で儲けてやろう、

という人たちが、ゴマンといるのだ。

(やってみればわかる。ホンマ、げにまっこと恐ろしい世界ですよ… )

 

このゲームで味をしめて、本物の株式で儲けよう、

と思っているアナタ!気を付けてくださいね…。 

 

 

 

さてさて、本題のゲームの話に入ろう…

≪始め方≫

まー、単純すぎるほど単純なんで、説明する必要もないと思うが…。

1.ダウンロードする。

2.デイトレ体験会に参加し、ゲームの説明を聞く。

3.アナリストを呼ぶ、もしくは、Miiとすれ違う。

4.そして、取引開始。

 

ちなみに、このゲームは、

ゲームコイン2枚以上所持、もしくは、

Miiとすれ違わないとできません。

 

結局、BETする最低ラインが、そこ、ということに設定されているんですね…。

 

アナリストは、最低1人(コイン2枚)から、

最大10人(コイン20枚)まで呼ぶことができる。 

すれ違ったMiiも最大10人。

 

 

≪いよいよ実戦≫

たぶん、全部で以下6銘柄を選ぶことができるんだと思う。

初め選ぶことができるのは、上記2銘柄だけ。

・ピース旅 プロダクツ(株)

・(株)伝説工房

・シューティング重工(株)

・ガーデン園芸(株)

・合戦建設(株)

・迷宮技研(株)

 

(追記)総資産1億突破すると、さらに2銘柄増える。

 

 

 

≪値動きの予想≫

銘柄ごとに、個性があって、大まかな予想をアナリストがしている。

そして、値動きは大体それをなぞった内容になる。

山形、谷型、水平型と、大きく分けて3種類。

あと、「?」表示で予想されていない、というパターンもある。

 

完全な山形になっているのは、初めが底値で、

頂点に達してからは下降の一途なので、予想しやすいが、

水平型は、まず、上がるのか下がるのかが分からないから、

これはスリリングです。

 

 

なんせこっちは差益で勝負している。

たとえ、高値になっていようと、そこから、上がると踏めば、

買い増す価値がある。

 

ところが、そこで、急落したりするからスリリング。 

だったら、その場で手放せばいいんだろうけど、

こっちとしては、

さっきの段階より上がるかもしれない、

というがある。

 

ここで手放せばそれだけの損で済むが、損は損。

できれば、損はしたくない、というのが人情。

反転するかもしれない。

反転するかもしれない。

結局、底値まで行ってしまいそこで終了…。

大損、して終わる…。

 

「損したくない」という気持ちが「大損」を生む…。

ホント現実の世界をなぞったかのようです。

 

 

≪良いと思ったところ≫

1.ゲームコインが消化できる。

上限いっぱいまで散々たまっていて塩漬け物件と化していたゲームコインが、

このゲームで消化できた。

 

2.ちょっとしたドキドキ感がある。

上がる下がる、というのは燃えますね。

 

3.ヒマつぶしになる。

人生の時間を持て余している人には最適です。

 

 

まー、パターンとか決まっているんで、

すぐに飽きると思いますけどね…。

 

 

≪豆知識≫

常識かもしれないが、3DSはカバンなどの中に入れておくより、

ポケットに入れるなり、

直接体に身に着けていた方が歩数を稼げるぞ! 

もっとも、落っことした場合の責任は取らないが…。 

 

 

 

第5回「お名前.com」からの独自ドメイン設定の仕方

 

これも、当初、よくわからなかった。

「お名前」側もなんか不親切で、

詳しいやり方もよくわからなかったので、

調べまくったのだった…。

 

あまりにも、わからなかったから、

これって世間一般が認知してる常識なのか?

と疑ったぐらい…。

(たしかに、あっち側からしたら、レンタルサーバー借りてもらった方が、

収益上がるから当然と言えば、当然)

 

なんで、独自ドメインを設定しようとしたのか?

それは、アドセンスに登録したかったから。

だが、どういうわけか神に気に入られなかったようなので、

(神は、カインと同じく我も見捨てた…)

その目論見も水泡に帰そうとしている…。

 

 

さてさて、それはさておき、

「お名前.com」から「はてなブログ」への、

設定の仕方を記す。

 

1.「お名前.com」にログインして、「ドメイン設定」を 選択。

ネームサーバーの項目にある「DNS関連機能の設定」をクリック。

 

f:id:hyaluckee:20160921222127p:plain

 

 2.「内部ドメイン一覧」から、指定したい項目にチェックを入れ、

「次に進む」をクリック。

f:id:hyaluckee:20160921222446p:plain

 

 3.「DNSレコード設定を利用する」の横にある「設定する」をクリック 

f:id:hyaluckee:20160921222935p:plain

 

4.ホスト名の空欄に「www」を入力。

TYPEでは、「CNAME」を選択。

VALUEの空欄に「hatenablog.com」と入力し、

f:id:hyaluckee:20160921223922p:plain

 

5.その下にある「確認画面へ進む」をクリック。

f:id:hyaluckee:20160921224338p:plain

 

6.一覧が出てくる。そして、その下にある「設定する」をクリック。

f:id:hyaluckee:20160921224612p:plain

 

7.「お手続き中」という、画面へ切り替わる。そして、

f:id:hyaluckee:20160921224848p:plain

 

8.DNSレコード設定「完了」という、画面が表示されて、

「お名前.com」での設定は終わり。続いて、

f:id:hyaluckee:20160921225108p:plain

 

 

9.「はてなブログ側」

メニュー画面から、「設定」を選択。

独自ドメインのところに、取得したドメインを打ち込むだけ。

f:id:hyaluckee:20160921225842p:plain

 

 

≪短評≫

やっと、終わった…。

下手したら、このまま、独自ドメイン設定できずに、

入手した、ドメインも無駄になるんじゃないか、

と思われたが、それは回避できた…。

 

だが、そのあとに、さらに大きな試練が待っていることは、

この時はまだ、知る由もなかった…。

神よ! 

 

 

 

 

第4回「ニート、家を買いたい」その1

 

どうも。ヒャルキィです。

 

先日、ポストを見てみると、

不動産屋から郵便が来ていた。

開封してみると、賃貸契約更新の通知。

「あー、更新の時期か」と思って、中を見てみると、

そこには契約書が。

 

しかも、よく見てみると、

保証人の自署と、印鑑証明がいる、

ということが分かった。

「え?賃貸って、

更新のたびにまたイチイチ保証人、

立てないといけないの?」

(まー、貸す方からしたら、金に関わる問題は一大事でしょうよ…)

だが、簡単に俺の保証人になってくれる人は、北海道に住んでいるのだ。

 

「これはめんどくさいなー。それに保証人になってくれる人が、

死んだらこの先どうすればいいんだろうか?」

「そうか、家を持てば、そのわずらわしさからは解消される」

 

「よし!家を買おう!」

こうして、一気に、

不動産購入熱が高まったのだった。

 

 

1.まずは、不動産情報をググる

とりあえず、500万以下の家をググってみたところ、何件か出てきた。

その中で、現状手持ちの金で無理せず買えて、

割合、家から近いところに狙いをつけた。

その結果、同一市内で、250万円の物件に目が行った。

 

 

≪基本的なデータ≫

間取り      2LDK

土地面積     30.32㎡

建物面積     37.82㎡

築年数      1979年

土地権利     所有権

階建       2階建

建物構造     木造

建蔽率      60%

容積率      200%

用途地域     1種低層住専

私道負担     有り

駐車場      無し

 

付属の、間取りを見てみると、

1階に、キッチンらしきもの、風呂、和式便所、と謎の空間。

2階に、6畳間と、4.5畳間の2部屋。

押入れ、クロゼット的なもの付き。

 

それにしても、この家、

洗濯機や冷蔵庫を置ける場所がないな、

ここに住んでいた人は、どういう生活をしていたのだろうか?

ということが気になった。

 

そして、付属の写真を見てみると、

謎の場所の正面(というか家の前面)がシャッターになっていたので、

ここは店として使われていたんだ、ということが分かった。

それにしても、どんな店だ?

飲食店やるにしても、水回りは脆弱そうだし、

(図面を見る限り、流しと、風呂にしか水栓はなさそうです)

他に考えられるとしたら、建設会社の人たちとかの待機場所?

生活感のない間取りからはそれぐらいしかわかりません。

 

 

2.実地検分

まー、いいか。見てみればわかる。

そして、翌日、チャリンコに乗り、遠征したのだった。 

f:id:hyaluckee:20160919142526j:plain

その物件は、坂の頂上から、下にくだる部分の中間地点に位置していた。

(プライバシー保護のためにモザイク処理しております…)

 

 「これかー」と思い、近寄って、見てみることにした。

f:id:hyaluckee:20160919145446j:plain

人が寄り付いた形跡もほとんどない。

 

築37年だけあって、

さすがに、ボロいなー、と思って見ていると、張り紙が…。

「放置物処分の事前通告」と書いてある。

これは明らかにタダならぬ予感…、

これって、けっこうヤバい物件なんじゃ…。

 

f:id:hyaluckee:20160919150029j:plain

 まー、こんな有り様だから当然だと思うが、

シャッターもバリバリ腐食してて、開くかどうかも定かじゃない…。

 

 

f:id:hyaluckee:20160919150141j:plain

他の個所、ベランダの手すりとかも、

崩れるんじゃないかってぐらいにボロボロです…。

 

f:id:hyaluckee:20160919150236j:plain

図面では側面に、 勝手口があるようだったが、

草ぼうぼうで入れそうにもないし、

こりゃ一体どういうこった?

 

入り口のシャッターのところも、もしかしたら、

謎のスペースに、車を入れられるかもしれない、と思っていたが、

20㎝ぐらいの段差があるので、

とてもそんなことはできる感じではない。

建物前面のセットバックもほとんどないし、

前面が1車線対向の道路になっているので、

家の前に車を止めておくこともできない。 

 

これは明らかに店舗以外の使い道がない代物だ。

 

販売スペースを取れるなら、

店やってもいいかもしれない、

とも思っていたのだが…。

 

外観を見てから不動産屋に問い合わせ、

中を見てみよう、と思っていたが、そこまでするまでに、

こりゃダメだ、と、言う結論になった。

 

格安の家を買おうと思っているぐらいだから、当然、出費は抑えたい。

畳とか、床とかは自力で直そう、と思っていたが、

シャッターとかの補修はとても素人にできるもんじゃない。

これは、想定した以上に出費することは間違いないし、

その手をかける価値があるとも思えない。

 

 

土地権利が「所有権」になっていることにも魅力を感じていたが、

つーか、横の建物と繋がってるから、

潰して平地にすることもできない…。

所有権、と言っても、もしかしたら所有権分筆の登記をせずに、

「共有」のままである可能性もある。

「所有権移転の登記」も自分でやろうと思っていたが、

なんつー、塩漬け物件なんだ…。

 

たぶん、隣のくっついている家も同一の間取りだと思われるが、

一体、どういう生活をしているのか?

(ちなみにお隣はお店屋さんのようだが、

通常、休日は掻き入れ時にも拘らず閉まっていた)

 

 

こうして、淡い夢は儚く散ったのだった…。

 

 

 

 

 

 

 

第3回「ヲタメシ」その1

 

どうも。ヒャルキィです。

 

「ヲタメシ作ってみたー!」のコーナー

突如始まりましたー!

では、記念すべき「ヲタメシ」第1回は、

「モン〇ンミシェル風オムレツ」です。

 

うーん、どうだろう?これ「ヲタメシ」と言えるのかなー?

そっかー、〇部分に、「ハ」を入れれば…。

 

 

とりあえず、材料です。

・卵 2個

・あとは、お好みで調味料(塩とか、砂糖とか)

 

俺は糖尿だの、高血圧だのイヤだからプレーンでいいんだけど、

このままだと、マジで味しないから…。

それに、糖分とか塩分取りすぎると頭が痛くなったり、

喉が渇いたりするのでほどほどにした、方がいいよ。

(豆知識→塩1g摂取すると、約300㏄の水を飲まないと相殺できない)

 

 

≪いよいよ、調理開始≫

1.まず、第一段階では、卵の、黄身と白身を分けます。

f:id:hyaluckee:20160918112700j:plain

(なんか、画像が乱れてしまってはいるが…)

 

 

2. そして、白身だけをホイッパーでひたすら混ぜる。

5分ぐらい…、いや、それよりも少ない時間かな…、

たぶん、電動のを使えば瞬殺です。

調べてみると、某大手通販サイトで、1,000円ぐらいで売ってました。

 

某メディアで、「酢」を入れた方が、より泡立つ、

ということを言ってたから、以前にやってみたんですけど、

全然、水っぽいままで泡立たなかったので、今回は入れませんでした。

量入れすぎたのかなー?

 

 

完成した写真撮り忘れたんだけど、

けっこうふわっとしてきて、角が立つので、それを目安で。

 

 

 3.ホイップした白身と、黄身を混ぜ合わせる。 

f:id:hyaluckee:20160918113751j:plain

まー、こんな感じで。

あまり混ぜすぎても、泡がつぶれるので、ほどほどがいいかと。

 

 

4.フライパンにのせて焼きます。

たぶん、フライパンにくっつくと思うんで、適当に、油敷いてください。

火加減は、適当。

焦げないように「弱火」でじっくり焼けば、いいんじゃないでしょうか。

 

 

5.両面焼いて完成です。

焼いたものを2つに折ってみました。

普通に卵2個で卵焼きを作るよりもボリューミーです。

 

こっちが、表面。

f:id:hyaluckee:20160918113901j:plain

 

 

こっちが裏面。

f:id:hyaluckee:20160918113935j:plain

 

 

 

≪実食≫

f:id:hyaluckee:20160918114833j:plain

とりあえず、たりなさそうだったので、ポテトを添えてみました。

 

食べてみたところ、まー、たしかに、ふわっとはしているけれど、

見た目のボリュームとは裏腹に、何というか、味気ない感じが…。

(とくに、味付けしなかったのが問題なのかもしれないが…)

中が、ほとんど空気ばかりのスカスカなので、

けっこうがっかりする。

とても、これだけで腹いっぱいになるとは思えない。

 

どうなんだろうか?どうなんだろうか?

普通に、卵焼きを焼いた方がいいのか、

でも、それじゃあ、量を増やすことができない、

うーん、ジレンマです。

 

どっちを選ぶかはあなた次第!

 

 

次回は、あの美少女たちがいっぱい出てきて、

きゃっきゃ、うふふしながら、夢を叶えるために奮闘する、あの作品の、

たこ焼き的なものを作りたいところだが…。

果たして?

 

 

 

第2回「乖離性MA VITA版」感想。

どうも。ヒャルキィです。

 

気が付くと、2016年9月1日から「乖離性MA VITA版」が配信になっていた。

早速、DLしてみたが、

えーっと、どこら辺が面白いのかがちょっと…。

 

まだ、レベルが足りないのでしょうか…?

思うように、進めないのだが、そして、目的とかもよくわからない。

 

とりあえず職業は、「歌姫」を選んでみた。

 

ちょっとやってみて、このゲームは、戦闘がメインだとわかったが、

コマンド入力とかも、Aボタン連打みたいにできなくて、

特定の場所をタッチしたりしないといけないので、超めんどくさい。

 

早送りにもできないし、戦闘シーンもカットできない…。

とりあえず、オートにはなるみたいだから、

オートにできるところは全部オートにして、レベルを上げてるが、

コイツは一体、どういうことだ?

アホみたいに時間かかるぞ…。

 

どういうわけか、デッキの編集もできない…。

 

デッキボタンを押すと、

「訓練をクリアするとロックが解除されます。」

というメッセージが出るが、その、訓練が終わるのは一体いつになるのか?

そもそも「訓練」って何?

もうすでに、LV.30以上になってるんだが、まだ、訓練扱いなのか?

 

うーん、よくわからん。

もしかして、めちゃくちゃガチャらないと、先に進めないシステム?

 

そんなこんなで、LV.35で死亡…。

それにしても、よく、初期状態のデッキでここまでもったもんだ…。

 

お!なんか、

スタートチケットというのを使ってガチャったら、

色々できるようになった!

 

そして、デッキの編集へ…。

さっき引いたガチャの中に、SSRが1枚あったが「回復」…。

SR以上が出るガチャ、という触れ込みだったが、

他のSRも「回復」とか、「支援」ばっかでとにかく弱すぎる。

何じゃこりゃ…。

 

とりあえず、☆2を、中心の攻撃態勢でデッキを組んだのだった。

うーん、弱いなー。

曜日クエストとか、まったく話にならん。

MAX HP 6,000ぐらいだし、

「上級」レベルとかになると、下手すると瞬殺される。

 

要するに、課金しろ!

ということなんだろうが、 

俺は非課金論者なので、一切したくない。

これは、コツコツデッキ強化していくしかなさそうだ。

あとは、とにかく強いフレンドさんにコバンザメして機会を待つ。

これっきゃない!!

よくまー、こんな早々「SS」のデッキとか組めるよな。

与ダメも、30,000とか越えてるし、どういうこっちゃ…。

 

このゲームにも、何曜の何時に強いのが出やすいとかあるのか?

 

とりあえず、まだ、1日目なのでしばらく様子を見たいと思う。