ゲシュタルトのビボログ

日々アホなことを繰り返しているので備忘録つけることにした…

第34回「函館ユニットカーニバル(1日目)」行ってきた。LVだけど…感想

あ、どうも、ヒャルです。

 

 

※この記事の無断転載等を禁止します

 

 

 

Saint Snow PRESENTS LOVELIVE! SUNSHINE!!

HAKODATE UNIT CARNIVAL(1日目)

LV行ってきた。

 

f:id:hyaluckee:20180428010309p:plain

  

日付 : 2018年4月27日(金)

場所 : 北海道函館市湯川町

開場 : 17:00

開演 : 18:00 

 

 

セトリ

 1.DROPOUT⁉

MC

2.CRASH MIND

 

3.トリコリコPLEASE!!

4.LONELY TUNING

MC

5.ときめき分類学

 

6.元気全開 DAY!DAY!DAY!

7.P.S.の向こう側

MC

8.夜空はなんでも知ってるの?

 

9.Strawberry Trapper

10.Guilty Eyes Fever

MC

11.Guilty Night, Guilty Kiss!

 

12.SELF CONTROL!!

MC

13.ユメ語るよりユメ歌おう

 

 

 

感想

始まったのはほぼ定刻で、

18時5分には始まっていたと思う。

 

映像で見る会場のキャパはMAX5,000ぐらいだと知っていたが、

それ以上いたような感じ

 

 

 

まー、そんなことより、

いやー、ビックリしたよ!

ビックリした!

 

まさか、ラブライブ史上フルプライスのライブでの

最低曲数を叩き出してしまうとは…

 

「えっ?13曲?

本当の?本当に?本当ですか?」

 

店主「そんなわけないやろ」

店員「へい…」

  「いやー、何回数えてもこの曲数なんでやんす…」

 

予想より6曲少なかったんだけど…

 

ギルキスの曲が

1回のライブで全部聞けると思って、

すごく楽しみにしてたんだが…

 

そしてこれは、

俺がこれは酷かったなー、と思う、

某バ〇ド〇の3rdライブよりも少ない。

 

今回は衣装チェンジの幕間の時間もないから、

展開は相当早いだろう、と予想していた。

たしかにその通りにはなった。

スピード感があるライブは大歓迎なのだが…

だがしかし…、これは…

 

内地(一応、俺北海道生まれだからこう言わせてもらう)から、

このためだけに参戦してる人もいるよ?

うーん、でも、ファンミだけのために内地からわざわざ、

札幌まで行く人もいたわけだからいいのかなー?

 

それにしてもだよ。

LVで見てた俺でさえ、こう思うんだから、

実際、フルプライスで参戦してる人の気持ちを慮ると、

「本当にご愁傷さまです」としか言いようがない。

 

不完全燃焼やろ?どー考えても。

今まで、ファーストライブでも20曲やっていたもんが13曲って…

 

その証左として、

アサミ先生が「これが本当の本当に最後の曲です」と、

「ユメ語」の前に釘を刺した後、演者が履けた後に、

アンコールのコールが巻き起こっていた。

 

演者が右に左に挨拶しに行ったら

100%終わりやろ。

そんなこと「ラブライバー(サンシャイナー?まーどっちでもいいが…)なら

誰でもわかっているのに」だ。

今までのライブだったら、

ここでアンコールのコールは

絶対に起こらない。

その後、終演を告げるアナウンスが入り強制終了。

到底納得した感ではなかった。

 

 

もっとも、俺みたいに「費用対効果」で物事を見てる人ばかりじゃないから、

多分、納得されてるんでしょう… 

そして、ファンとはそうあるべきなのだろう…

俺は承服しかねるが…

 

「函館現地観戦したいな」とは思っていたが、

今となっては「逆に当たらなくて良かったんじゃね?」と思う次第。

 

 

終わったのは20時20分ごろ。

だって、アンコール無しだよ。

繰り返すが、ファンミじゃなくてフルプライスのライブだよ。

2回目のSnow登場時に、

「最低でもアンコールでAwakenみんなで歌うんだろうなー」と思ってただけに、

ホントにビックリだよ。

 

 

シャロン、アゼリア、ギルキスは、

一体、何のために最後に

衣装チェンジして出てきたのか?

いやー、全く謎だ…

 

 

たぶん、制作側の言い分としては、

「全ユニットの曲数を揃える」

という大義名分があったんだろう。

Snowさん3曲しかないからそれ考えると、こういうことになりますよ、と。

なんか、最後の方はそういう空気がプンプンだった。

見てる側からすると、

「そんなの気にしなくていいから

バンバンやっちゃってください」である。

 

 

俺の当初の予想としては

最初か最後に「Awaken」が来て、その後、

ユニットの曲に入るんだろう、と思っていた。

 

たしかに、アゼリアが3ユニット中トップで来たことには

意表を突かれたし斬新だった。

明日はまたこの順番が変わるかもしれない。

 

Saint Snowプレゼンツだから1曲目とトリは、

Snowなのかなー、というのも予想の範疇ではあったが、

どうなんだろうねー?

 

仮に、最初に「Awaken」が来た場合に、

アンコールで「ユメ語」か「勇どこ」をやるんじゃなかろうか、

と思っていたが、まさかこんな形で結実してしまうとは…

 

なんか、「トリコリコ」のところ猛烈に引っ張ってるなー、

とは思っていたが、こういうことだったんだなー、

と今になって理解できた。

 

 

そして、スクフェスで只今、絶賛展開中のイベの課題曲である「イノバー」

これは「やるというフリ」じゃなかったのか?

多分、明日間違いなくやるはずだが、

これもやらないとは…

うーん…

 

 

ここまであーだこーだ書いてきたが、

悪いことばかりではない。

たしかに、おもしろいはおもしろかったよ。あの瞬間までは…

トークはめちゃくちゃキレてたし。

みなさん超伸び伸びやっていた。

「これこそ、Aqoursトークや!」

と思えるレベルの内容。

シャロントーク良かったなー。

しゅかしゅー先生がローマ字の表記ガチで間違ってたところとか、

おもしろかったなー。

あれ仕込みか?

 

残念ながら、リキャコ先生は調子悪かったみたいだけど…

 

面白かったところとして、

「函館ユニットカーニバルは遊びじゃない」

「あれオリオン座じゃない?」

「残ってるイクラ食べていい?」などなど。

ホントにMCのパートは良かった。

 

「函館ユニットカーニバル」のくだりなんかは、

さすがの三遊亭キング師匠が当然の如く天丼で被せてきてて、

これはおもしろかったなー。

 

 

多分、2回目のSnowが出てきたところまでは、

すげーおもしろかった。

つーか「こういう結末になる」と分かるところまでは、

「今までの公演の中で一番おもしろい

ライブなんじゃないか?」と思ってた…

「この曲が本当の本当に最後の曲です」

という言葉が出るまでは、アンコールで6曲やるもんだと思っていた…

 

 

 

たぶん、明日のことも考えてこういう展開だったのでしょう。

 

 

 

「明日、超会議あるし、

3時起きしないといけないから、

お前ら体力温存しとけよ 」

という優しさなのかもしれない…

 

 

 

明日、参加される方は気をしっかり持って臨んだ方が良いかと…

まー、俺みたいに「ああ…」となる奴はいないとは思うが…

 

ちなみに俺は参加しないが、

セトリは、「3(DAY)」のところが「近未来」

「トリコリコ」のところが「ギャラハイ」

「ストトラ」のところが「コワレヤスキ」

「ユメ語」のところが「Awaken」に変わると予想する。

 

 

こういうの見ちゃうと埼玉とか不安になってくるね。

俺埼玉2daysで取れてるんだけど、今からドキドキしてくる、

逆の意味で…

 

 

あの、そらまる先生がかつて

ラブライブのライブは

面白いから見においで~」

と言っていてホントに

言葉通り超絶面白かったライブがですよ、

どんどんどんどん薄くなって最終的に、

55k(紙の厚さの単位)ぐらいの薄さになっちまうんじゃないか?

ということを危惧してやまない。

 

 

まー、何にしても人気があるというのは良いことです

 

 

おわり

 

 

hyaluckee.hateblo.jp

 

hyaluckee.hateblo.jp